MAツール こんなお悩みありませんか?


そんな悩みを”みらいマーケティング”が解決します!


マーケティングオートメーション4大ツールのパートナー

マーケティングオートメーションの4大ツールのパートナー

みらいマーケティングはMAツールのベンダーではありません。そのため公平な視点で企業の課題ややりたいことに適したMAツールの選定が可能です。

■国内人気MAツール

  • Salesforce Account Engagement(セールスフォース・ジャパン)
  • HabSpot(HubSpot)
  • BowNow(クラウドサーカス)
  • SATORI(SATORI)

上記4社とパートナーアライアンスを結んでいます。

MAツールは高機能だから良いというわけではありません。やりたいことが実現できるか、将来の拡張性、オペレーションの難易度、価格が合っているか、などさまざまな点で選定する必要があります。


高価なMAツールをIT導入補助金でサポート

高価なMAツールをIT導入補助金でサポート
  • IT導入補助金の補助事業者として2020年に採択されてから継続しており、2024年も補助事業者として採択されました
  • 業種、企業規模、課題、やりたいこと応じたMAツールの選定が得意です
  • 2020年から現在まで採択率100%をキープ
    ※不採択でも次回のチャレンジで採択されています
  • 不採択になった場合の修正ノウハウが蓄積されています

IT導入補助金の詳しい概要はこちらから


経験豊富なコンサルタント

経験豊富なコンサルタント
  • みらいマーケティングはデジタルマーケティング専門のコンサル会社です
  • 各種MAツールに精通しており、デジマケの課題・要望に日々対応しているため他社より圧倒的にノウハウが豊富
  • 導入効果として以下を実現(平均)
    商談件数:1.7倍
    営業送客:1.5倍
    セミナー集客:15倍
    ブース来場者:2.4倍

コンサルティングサービスの詳しい概要はこちらから


みらいマーケティングの強み

マーケティングオートメーションのベンダーではないため公平な視点で選定が可能

MAツールを導入した後も運用定着からマーケター教育まで一気通貫でサポート

お客様の満足度が高い(ITレビューでも高評価をキープ)


お客様の声

メール配信は通常のメーラーを使っていたが、MAツール導入を提案された。MAツールは機能や価格がさまざまでよく分からなかったが、やりたいことに応じた必要最低限のツールを提案されたのは良かった。

申請書の記載は実際の申請前にスプレットシートで整理してもらった。それを元に打ち合わせで微調整をしたのでスムーズにリードしてもらえた。おかげで一発で採択されてありがたかったです。

MAツールを導入しようと思っていましたが、直前にWebMTGツールも合わせて補助額をアップしたいと相談しました。ツール登録が間に合わなければC類型、間に合えば○類型、という面倒な対応にも気持ちよく応じてもらえました。

最初の採択で落ちたのですが、対策を練ってもらい次で無事に採択されました。


よくある質問

Q1.すでにMAツールを導入しているが他のMAツールへの乗り換えにも相談にのってもらえるますか
A1.相談に乗れます。他のMAツールに乗り換えた場合のメリット・デメリットなども丁寧にご説明します

Q2.MAツールを導入しようと思っているが、相談した結果MAツールを導入しなくても大丈夫でしょうか
A2.必ずしもMAツールの導入前提でご相談に乗るわけではありません。MAツールを導入しない場合でもBtoB向けのデジタルマーケティングで要望に応じた成果を出せるようにコンサルティングします

Q3.MAツールで一番人気なのはどれですか
A3.それぞれに特徴があるため一概には言えませんが、BowNow、AccountEngagement、HusSpot、SATORIは国内で導入が多いツールです

Q4.MAツールを導入すれば必ず成果が出ますか
A4.MAツールを導入したから成果が出るのではなく、デジタルマーケティング戦略を立てた上でMAツールをどう使えば成果が出るかをアドバイスします

Q5.MAツールは無料版のツールもあるが有料版を導入した方がいいですか
A5.無料版でできることは限られています。有料版にアップグレードするかどうかはやりたいことに応じて検討されることをお勧めします


資料ダウンロード

IT導入補助金チラシ
コンサルティングサービスチラシ

  • ブログ